応用センター

ハロゲンフリー難燃要求の高まりにどう対応するか? 佳華精化の精密ポリオレフィンハロゲンフリーリン-窒素系難燃剤は、違いを作る!
发布者:Login       浏览次数:36
ポリオレフィン材料


ポリオレフィンはポリマー材料の一種として、幅広い用途がある。


しかし、ポリマー材料のほとんどは燃えやすく、一部のポリマー材料は燃焼時に有害なガスや煙を大量に発生するため、火災の危険性が世界的な懸念となっています。


火災を予防および軽減するための効果的な対策のつは難燃剤の使用であり、有効な難燃剤を添加してポリマー材料を難燃性、自己消火性、消煙性にすることが現在の難燃技術では一般的な方法です。


6384177304271110033817440.jpg


一般的に使用されるポリオレフィン難燃剤システムは 3 つあります



<臭素系>

ハロゲン系難燃剤は現在世界で最も広く生産され広く使用されており、低用量で難燃効率が高いという利点があり、臭素系難燃剤と塩素系難燃剤が主です。 臭素系難燃剤は塩素系難燃剤に比べて熱安定性が高く、難燃効率が優れています。

一般的に使用される臭素系難燃剤は、燃焼プロセス中に臭化水素 (HBr)、ダイオキシン、ベンゾフラン、その他の腐食性、刺激性、発がん性の有毒物質を生成し、自然環境と人間の健康を深刻に危険にさらします。




<リン系>


リン含有化合物はさまざまな酸化状態で存在し、その熱分解生成物には強い脱水効果があり、被覆されたポリマー表面を炭化して炭素膜を形成し、難燃剤の役割を果たします。 リン系難燃剤には可塑化機能もあり、難燃剤をハロゲンフリーにすることができます。





<ハロゲンフリー膨張システム>


IFRは、一般に酸源、炭素源、ガス源から構成される新しいタイプの難燃剤システムであり、この難燃剤を含むポリマーを加熱すると、表面に均一な炭素発泡層が形成されます。断熱、酸素遮断、発煙抑制などの効果があり、飛沫防止効果もあり、難燃性にも優れています。




現在、膨張性難燃剤は

ポリオレフィンに適用すると、次の問題が発生します:



✦ポリマーマトリックスとの相溶性の悪さ 膨張性難燃剤とポリマーの極性差が大きく異なるため、相溶性が悪く、ポリマーの電気特性や絶縁特性、特に引張特性などの機械的特性が低下します。強度と衝撃強度が大幅に低下します;


✦APP/PER/MA などの膨張性難燃システムは、湿気を吸収しやすく、粘着性が高く、低温耐性があり、成分間でアルコール分解を起こしやすいため、難燃剤の耐水性が低下します。ポリマー;


✦一般的な膨張性難燃剤は相対分子量が小さく、ポリマー表面に移行しやすいため、難燃製品の物理的および機械的特性、特に外観が低下します





したがって、効率的なハロゲンフリーの膨張性難燃剤の開発のは

難燃剤産業の発展の方向です





Javachem®IFR
ポリオレフィンハロゲンフリーリン-窒素系膨張性難燃剤

Javachem®IFRシリーズは、炭素源、ガス源、酸源を革新的に一体化させた新しいタイプのハロゲンフリーリン系膨張性難燃剤で、炭素に膨張する優れた難燃効果を有し、低発煙、低毒性です。ハロゲンフリーで環境に優しい。


ポリオレフィンとの相溶性が良好で、材料の機械的性質に影響を与えることなく優れた難燃性をもたらし、吸湿しにくく、熱安定性が高い。


燃焼中の発泡と膨張により、材料の表面に多孔質の発泡炭素層が生成され、燃焼エリアへの酸素の侵入を防ぎ、劣化生成物が材料の表面に溢れるのを防ぎます。


1111111.jpg




Follow US:            
関連ウェブサイト: PTプラスチック    費戈工業    栄格工業    賽百庫   
登録番号:浙ICP備16002648号-1
(C)2015著作権は浙江佳華精化株式有限公司にあります。佳華精化商標、佳華精化®、Javachem®及びTM或は®と載っているすべての製品やブランドはいずれも佳華公司またはアフィリエイトの商標または登録商標です。
微信公众平台二维码